厄除け(やくよけ)

古くは平安時代からとも言われ、日本独自に発展した厄除けという文化。19(重苦)・33(散々)・42(死に)など不吉とされる年や人生の節目となる年には災いが降りかかるとされ、その前後の年も注意が必要と言われています。七色の物を持つと厄を除けられるという日本の伝承に基づいて作られた厄除けシリーズ。ウェブショップではストラップのみの販売ですが、高台寺店「showen」限定でネックストラップやグラスコードの販売もしております。

全 6 件を表示

全 6 件を表示